土地家屋調査士 上原敏市のブログ
by tu_sro
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
↓上原登記測量事務所HP↓
カテゴリ
全体
ご挨拶
プロフィール
事務所へのアクセス
土地家屋調査士の仕事
価格表(測量業務)
価格表(土地登記)
価格表(建物登記)
事件簿から
境界標の上にも3年
法令かわら版
機材について
ひとりごと
SOSからのお知らせ
未分類
最新のトラックバック
土地家屋調査士とは
from 士業の種類と役割──プロフェ..
測量士とは
from 士業の種類と役割──プロフェ..
リーガルのアウトレット通販
from ジャズドリーム長島【アウトレ..
FX口座開設比較
from FX口座開設比較
八王子の事務の求人
from 転職求人
クレサラ問題 関連用語
from クレジット キャッシング ロ..
不動産ローン
from 不動産ローン    
不動産
from 不動産
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
Ajian Life
from アジアン&エスニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


道路提供部分非課税申告について

昨年の12月も中旬を過ぎ師走真っ只中のお話です。

都内某区で父親の土地を相続されたAさんからこんなご相談がありました。

Aさんが相続した土地は、約175㎡で、土地には、かつて亡くなった父親が
40年前に建てた住宅があります。

その土地において特に近隣と境界の紛争があるわけではないのですが、
今回道路向かいに住むBさんが土地を売却することになり、AさんとBさん、
Bさんから依頼を受けて土地を測量した土地家屋調査士(私)
と区の職員で道路境界立会いを行ったところ、
実際現地の道路幅は、4mなのに境界立会いの結果区道の幅は1.8m
であることがわかったのです。(↓下図参照緑枠をクリックして下さい。↓)
f0005428_2345841.jpg

つまり、Aさんの土地は、幅にして約1.1m区に道路として提供していることが判明したのです。

Aさんは自分が相続した土地は、道路で提供している部分も含め175㎡全てが
宅地で課税対象になっていることを思い出し、区の職員に

「道路境界に関しては、承諾するが、道路提供している部分まで、宅地として課税されているのは、納得できない。来年から非課税扱いにして欲しい」
旨申し出たのです。

区の職員は、
この土地は、昭和初期に当時の土地所有者から1.1m幅で道路提供部分の無償使用承諾を得ており、敷地民有地道路となっている。非課税申告をするには、道路区域確認申請をAさんが申請し、区と道路区域確認を行えば非課税扱いになる。」
と説明しました。

それを受けたAさんは、
「その道路区域確認申請をするといつから非課税になり、それにあたってどのくらいの費用を要するのか?」
と区の職員に尋ねてみたところ。。。。。

区の職員は、
「期間については、約2ヶ月位です。区に対する費用は、無料です。但し道路の現況を測量したうえで、昭和初期の図面を復原しないといけないのでその費用は別途土地家屋調査士さんに支払う必要があります。どのくらいの費用がかかるかは。。。。どうなんでしょうかねぇ?」
と困った顔をして私に問いかけました

とっさに質問された私は、しばし無言でAさんと区職員のやりとりに耳を傾けていました。

Aさん
「実際宅地として使ってない土地で宅地として課税されるのは納得いかない。
早急になんとかしてほしい」


区職員
「課税権限はあくまでも都税事務所にあり、区は道路区域確定が行われた後にその資料を都税事務所に通知することしかできない。」

両者の言い分ともごもっとも!

ここで、私、解決策をAさんに提案

「Aさんが道路提供部分を非課税する方法は、3つあります。
①区に道路区域申請をして、道路区域を確定する。(区職員の提案)

②Aさんの土地全体を測量し、隣接民有地とも境界立会いを行ったうえで、
  道路提供部分を分筆し、地目を宅地に変更する。

③都税事務所に現況道路と区との間にある道路提供部分の面積を求積した図面を添付して、非課税申告を行う

①の方法だと今日、明日中に申請しても道路区域確定は1月過ぎになるので、
  来年から非課税という訳にはいきません。

②の方法をするには、Aさんの土地とCさんDさんとの土地の境界も確認を行う
  必要があります。CさんDさんとの境界確認はお済みですか?」


Aさん「いいえ、特にお隣とも境界でもめたこともないので、境界確認はやっていません。」


「では③の方法ではどうでしょうか?私はBさんの土地を測量するにあたり
Aさん側の道路現況部分の測量は既に完了しています。
あとは、CさんDさんとの境にある塀の現況を多少追加測量すれば、
CさんDさんとの境界は未確定ながら道路提供部分の概略面積は算出できるので、
都税事務所に相談してみれば、道路提供部分が非課税になる可能性もあります。
この方法ならば、今年中になんとか図面を仕上げて、
都税事務所に非課税申請を行い来年から非課税の可能性もありますし、
①②に比べて作業量も少ないので、費用もお安くなります。」


と提案。

この案でAさんも納得していただき、私は道路提供部分の概略を求積した図面を作成し、
Aさんにお渡ししました。

Aさんが都税事務所の職員から聞いた話によると

来年から道路提供部分は非課税になるようです。

ここで一件落着と思いきや。。。。。。。 後日談が。。。。。

さらに師走も押し詰まった1週間後、Aさんから評判を聞きつけたCさんDさんから
当事務所にAさん同様に道路提供部分の非課税申請を行いたいとの依頼を受けたのです。

CさんDさんとも「来年からの非課税」を希望されており。。。。。

私は、ありがたくも忙しく年末を過ごすことになったのでした。

CさんDさんとも無事申告を終えたようで、「来年から税金が安くなる」と喜ばれておりました。めでたし めでたし。


         こちらをクリックすると当事務所のホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】

         こちらをクリックするとS.O.Sホームページにとびます。↓
                【S・O・Sのホームページ入り口】
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2008-01-26 23:55 | 事件簿から
<< 名残り雪 今年の抱負 >>