土地家屋調査士 上原敏市のブログ
by tu_sro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
↓上原登記測量事務所HP↓
カテゴリ
全体
ご挨拶
プロフィール
事務所へのアクセス
土地家屋調査士の仕事
価格表(測量業務)
価格表(土地登記)
価格表(建物登記)
事件簿から
境界標の上にも3年
法令かわら版
機材について
ひとりごと
SOSからのお知らせ
未分類
最新のトラックバック
土地家屋調査士とは
from 士業の種類と役割──プロフェ..
測量士とは
from 士業の種類と役割──プロフェ..
リーガルのアウトレット通販
from ジャズドリーム長島【アウトレ..
FX口座開設比較
from FX口座開設比較
八王子の事務の求人
from 転職求人
クレサラ問題 関連用語
from クレジット キャッシング ロ..
不動産ローン
from 不動産ローン    
不動産
from 不動産
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
Ajian Life
from アジアン&エスニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

阿佐谷JAZZ STREETSで「人間ジュークボックス」

今日は阿佐谷のいたるところで阿佐谷JAZZ STREETSのライブが行われています。

「若い世代から老年まで幅広い層に愛着のあるジャズで阿佐谷のまちに明るさを取り戻そう」とはじまったこのイベントも今年で12回目を迎えるそうです。

上原登記測量事務所のある阿佐谷地域区民センターでも吉川よしひろ&古野光昭のライブがあったそうですが、その時間帯は事務所内で巨大プリンタと格闘中で残念ながら見に行くことができませんでした。

夜近くのパスタ屋さんで晩御飯を食べようと阿佐谷駅の近くを通りががかったところ、
思いがけず、「人間ジュークボックス」に遭遇しました。
             ↓【お金を入れて曲をリクエストすると・・・】↓
f0005428_2351898.jpg

             ↓【トランペットの演奏が始まります。】↓
f0005428_236337.jpg

「七夕まつり」や「阿波踊り」に比べると、食べ物の露天・屋台のたぐいが出ていないので地味な印象もありますが、なかなかどうして、秋の夜長に街を散歩そしているとjazzがそこかしこから聞こえてくるのもなかなかイイもんです。

今年のJAZZ STREETSは今日で終わりとのことです。

来年こそは、キチンと時間をあわせてライブを見に行こうと思います。


               こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2006-10-28 23:06 | ひとりごと

HP社の大判プリンタDJ110搬入!

今日は上原登記測量事務所にHP社の大判プリンタDJ110が搬入されました。
             ↓【大判プリンタDJ110の箱入り状態】↓
f0005428_1811267.jpg

                ↓【設計図を見ながら】↓
f0005428_1825324.jpg
               ↓【台座から組み立て】↓
f0005428_184146.jpg

               ↓【本体を台座に載せて完成!】↓
f0005428_1883346.jpg

         ↑【本体が大きく、一人で載せるのに一苦労でした・・・】↑
このプリンタは最大でA1サイズまでの図面を印刷することが可能です。

A1サイズってA2の倍ですから59.4cm×84.1cmもあるんです。

通常の1宅地測量では、図面サイズA3かその倍のA2で十分なのですが、

工場や倉庫等の広大な敷地の図面や、

地番1区画丸ごとの図面を作る場合もある(かもしれない?)ので、

このプリンタを購入しました。

現在勤務している測量事務所では、何気なく使っていたプリンタでしたが、

これからは、セッティングくださった方々に感謝の気持ちを持って使うようにします。


               こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2006-10-28 18:08 | 機材について

パティスリー コポーの焼きたてパイ

先週は、調査業務に、測量業務にとフル回転で、多忙な週でしたが、おかげ今週は久々に土曜に休むことができました。

今日は、朝遅く起きて、近所の洋菓子屋さん「パティスリー コポー」の焼きたてパイ(アップルとミート)を買って食べました。
f0005428_13312040.jpg

写真手前部分はパイを焼いた際の端っこの部分(お店の人はミミといってました。)で、
パイ生地の部分が多いです。
私はこの「焼きたてのふんわりサクサクしたパイ生地」が好きなので、
ミミの部分を買います。
もちろん生地だけではなく中身もボリュームたっぷりの具がぎっしりです。

お店は、新高円寺駅を降りて青梅街道を3分ほど荻窪方面に歩いたところにあります。
ここのパイは毎週土曜日限定で販売されています。
お店の人の話によると帝国ホテルのレシピを使用しているそうです。
新高円寺に来る機会がありましたら、パイ好きな方は是非お試し下さい。


               こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2006-10-21 13:47 | ひとりごと

練馬法務局にて

今日は13日の金曜日。

欧米では、縁起の悪い日のようですが、

日本では、今日は大安にあたるため、

法務局の申請窓口も結構混雑していました。

今朝、急遽登記依頼を受けた建物の増築登記の案件も無事申請することができました。

窓口で受領証の発行を待つ間、補正机の上のアロエの植木が目にとまりました。
f0005428_2204052.jpg

朝からの緊急事態から開放され、ほっとなごんだ瞬間でした。

               こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2006-10-13 21:46 | ひとりごと

着脱式1素子プリズム購入

今日はかねてから発注してあった着脱式1素子プリズムが事務所に納品されました。

以前ご紹介したトータルステーションとミニプリズムがあれば、基本的な測量はできるのですが、より広範囲に、効率よく測量するにはやはり着脱式1素子プリズムの存在は欠かせません。

この着脱式1素子プリズムがミニプリズムに比べて勝っている点は、

①ターゲット板が大きいので、遠くの目的物でもはっきり視準できる。
②上部が取り外せて、トータルステーションとの入れ替えが可能であるため、観測する地点の移動が楽である。

の2点です。

上記①については、写真を見ればお分かりいただけると思いますが、上記②については、以下にわかりやすくご説明いたします。

例えば、広大な敷地のうち、100m離れたA地点とB地点で、現地の状況を測量するとします。

この場合、まずはにA地点にトータルステーションを据えて
↓【A地点のトータルステーション】↓
f0005428_20342287.jpg

B地点の機械点を観測し、
↓【B地点の1素子プリズム】↓
f0005428_20373445.jpg

次に100m離れた場所にあるB地点までトータルステーションと三脚を運ぶ、据える。

B地点の1素子プリズムと三脚をA地点まで運ぶ、据える。

B地点のトータルステーションからA地点の1素子プリズムを観測する。

このような作業を行い、A、B両機械点で測量した点を結び付ける必要があります。

この作業の際に着脱式の1素子プリズムが無い場合には、トータルステーションと三脚、1素子プリズムと三脚とをかついで、AB間を1往復半しなけらばなりません。

しかし、この着脱式のプリズムの場合だと、トータルステーションの上部とプリズムの上部を取り外して入れ替えることができるので、三脚は据えたまま、上部のみを持ち運びすればよく、機械を据えなおす必要もありません。
↓【B地点のプリズム】↓
f0005428_20504955.jpg

↓【上部をはずして】↓
f0005428_20513327.jpg

↓【A地点のトータルステーション上部を装着】↓
f0005428_20522644.jpg


一見たいしたこと無いように見えますが、AB両地点が、平坦な場所でなく、起伏の激しい地形などの場合には、測量作業のスピードアップと消費体力の節約に非常に有効です。

長い文章でしたが、お付き合いいただきありがとうございました。
以上、着脱式1素子プリズムの説明でした。


               こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2006-10-07 17:12 | 機材について

自宅の敷地が国有地で分断!

Aさんは都内で飲食店を開業して30年になりますが、今年に入り体調を崩してしまったので、店を閉め、土地と建物を売却し、その代金で実家の近くの介護施設に入居することにしました。

Aさんの建物は築50年、木造の2階建で、1階、2階ともに床面積は約15坪、土地は、もともと借地であったのですが、30年前にAさんが飲食店を開業する際に地主から、建物の形状とほぼ一致する形状で20坪分を分筆してもらい購入していたはずでした。

ところが、Aさんが土地を売却するにあたって法務局の資料を調査してみたところ、20坪あると思っていた土地が、12坪しかないことがわかりました。(下図参照)
f0005428_13293742.jpg


Aさんが、20坪の1筆の土地だと思って購入した土地は、国有地8坪によって分断された8坪と4坪の2筆の土地だったのです。

このままの状態では土地を売却することができず、30年前Aさんに土地を売った地主も仲介した不動産業者も連絡先が不明で、困り果てたAさんからどのような方法をとるべきか相談を受けました。

Aさんの要望は、30年前の取引のことについてはもう責任を問うこともあきらめたので、何とか土地を不動産業者Dに売却する方法を探ってほしいということでした。

Aさんが懇意にしている不動産業者Dの話では、土地20坪としてなら自社で購入するが、分断された8坪、4坪の土地では買手がつかないので、国有地の払い下げの手続きをしたうえで、分断された2筆の土地を引き渡してほしいとのことでした。

国有地の払い下げの手続は無事完了し、
Aさんは土地と建物を売却することができました。

国有地払い下げの作業工程概略は以下のとおりです。

①国有地と隣接地の境界立会(Aさん、Bさん、Cさんと財務局の立会い)

②国有地と隣接地との境界確認書取り交わし(実印押印・印鑑証明書添付)

③国有地をAさん(又はその承継人の不動産業者D)に売却することにつき承諾したことを証する書面をBさん、Cさんから受領(実印押印のもの)する。

④Aさん所有地2筆の登記をDに所有権移転

⑤上記②③の書面を添付して、Dから国有地払い下げの申請。

⑥払い下げ価格の通知・払い下げ土地の売買契約締結

⑦上記②・⑥の書面を添付して土地表示登記

この手順のなかで、③の承諾書には注意が必要です。

国有地の払い下げは市価の何割引かで行われるので、公正を期す為、原則として、その国有地に隣接した土地の所有者にしか払い下げることはできず、その際には、払い下げを受けない他の隣接地所有者からその旨を承諾する書面を提出する必要があるのです。

よって、Aさんに払い下げを行う場合には他の隣接地であるBさん、Cさんから実印でその旨を承諾する旨の書面をもらい、この承諾書を財務事務所に提出する必要があります。

しかし、今回の案件ではAさんが払い下げを受ける資力を有していないため不動産業者Dが払い下げを受けるため、
Aさん(又はその承継人の不動産業者D)に売却することにつき承諾したことを証する書面承諾を得なければなりません。

現在では、土地の価格も高価であるため、この案件の30年前の取引のような杜撰な取引は行われていないと思われますが、皆さんも土地を購入される際には、法務局の資料(謄本、公図、地積測量図、建物図面等)をよく確認することを強くお勧めします。


               こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】
にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2006-10-01 19:32 | 事件簿から