土地家屋調査士 上原敏市のブログ
by tu_sro
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
↓上原登記測量事務所HP↓
カテゴリ
全体
ご挨拶
プロフィール
事務所へのアクセス
土地家屋調査士の仕事
価格表(測量業務)
価格表(土地登記)
価格表(建物登記)
事件簿から
境界標の上にも3年
法令かわら版
機材について
ひとりごと
SOSからのお知らせ
未分類
最新のトラックバック
土地家屋調査士とは
from 士業の種類と役割──プロフェ..
測量士とは
from 士業の種類と役割──プロフェ..
リーガルのアウトレット通販
from ジャズドリーム長島【アウトレ..
FX口座開設比較
from FX口座開設比較
八王子の事務の求人
from 転職求人
クレサラ問題 関連用語
from クレジット キャッシング ロ..
不動産ローン
from 不動産ローン    
不動産
from 不動産
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
Ajian Life
from アジアン&エスニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

杉並区「法の日無料登記相談」に参加しました。

今日は、杉並区役所2階区民ギャラリーで行われた

「法の日無料登記相談」に相談員として参加しました。

本来「法の日」は、10月1日なんですが、

他の催事との関係もあり、本日になったようです。


法律相談を終えての感想は・・・

「土地家屋調査士」をご存知ない方が多い。というこです。
 

無料相談会なので、

「これまで必要性が無かったけど、この機会に相談してみよう。」

といった方が多かったのも事実ですが、

皆さん税理士さんや、弁護士さんや、司法書士さんが、

どのような仕事をしているのかご存知でしたので、

やはりそれらの士業と比べると

「土地家屋調査士」の認知度は、低いと思いました。


私達土地家屋調査士の職業では、

「土地境界の紛争」に出くわすことが多々あります。

紛争の経緯は、様々ですが、これまで経験したお客様のお話を総合すると・・・

紛争の経緯は、

①紛争の種の発生
もともと仲の良いご近所同士であったため、
隣地との境界をあいまいにしていたり、 何の取り決めもせずに、
敷地の一部を隣地どうしで貸し借りしたりしていた。

②相続・売買などにより当事者が変更。
後から土地を譲り受けた人は、昔の経緯を知らず、
昔のように「ご近所どうしお互いさま」が通じない。
この時点からお互いの境界に関する認識のズレが始まる。
これは、他人に限らず、
兄弟どうしであっても同じで、本人と兄弟姉妹、甥や姪でも同じです。

③紛争発生
建物の建替えや、売却に伴う土地境界の確認に直面したときに
これまで抑えていた双方の感情が爆発し、話がこじれる。


のパターンで起こる可能性が多いんです。

の状態までいってしまうと、

紛争の解決に多額の費用・膨大な時間がかかる場合も多いです。

一番ベストなのは、の状態で、仲の良いお隣どうしで、

しっかりと後に紛争にならないよう取り決めを行うことなんですが、、、、

皆さんこの種の相談をどの専門家に相談したらよいかご存知ない方も多いんです。


予防司法の観点から

当事務所では、こういった法律相談などの機会に積極的に参加し、

「こんな場合には、土地家屋調査士に相談すればいいんだ」

とみなさまに覚えていただけるよう努力してまいります。



---------以下本文とは関係ないんですが、法の日にちなんで---------

法令関係の書物は、ブ厚いものが、多いんですが、

当事務所のブ厚い法令関係書物ベスト2をご紹介します。↓
f0005428_18524467.jpg

第一位は、写真左側の「Q&A表示登記実務マニュアル」で厚さ9cm!
第二位は、最近まで不動の一位をキープしていた「調査・測量実施要綱」です。
       右側の緑色のもので厚さ7.5cmあります。

打ち合わせに来た同業者から

「本棚のハクがついていいなぁー。」

とか

「重みがあるからブックエンドにもってこいだね。」

などと冷やかされましたが、

メールでお客様から相談を受けたときに

「このような場合には、この法令のこの規定によりこうなると思われます。」

と根拠だてて説明する際には、非常に役立ちます。



          こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】 

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2007-09-28 18:19 | ひとりごと

ようやく完了!筆界特定・・・・費用は?時間は?

つい先日、以前お手伝いしていた事務所で

筆界特定を申請していた案件がようやく完了しました。



筆界でトラブルを抱えていて、筆界特定申請をお考えのみなさまは、

「どのくらいの時間がかかるのか?」

「どのくらいの費用を要するのか?」

ということが、一番気になるところだと思います。


土地の形状、紛争の経緯、確定すべき隣地の筆数

過去の立会い記録の有無等により

「時間と費用」は異なる為、一概には言えないのですが、

今回のケースでは、

①確定すべき筆数が2筆(各々別人物が所有・いずれも地積測量図有)。

②申請者所有の土地面積は約100㎡。地積測量図有。

③特定する筆界は、4点。

④立会い不調隣地と接する筆界点以外の筆界点は、全て測量し、立会い確認済。

という条件のもと、筆界特定申請をしたところ・・・・・・

時間→申請から1年2ヶ月後に東京法務局本局から筆界特定通知有。

費用→法務局への支払い分 収入印紙 58,000円分
           法務局指定の測量業者への特定測量費用 0円(注1)

(注1)今回の事件では、上記④記載のとおり、
    特定を必要とする筆界点以外の点についてはすべて測量し、立会い済
    で、なおかつ
    申請書添付の図面に測量・立会い・過去の資料との整合性を記載
    しておいたので、法務局と協議の結果、添付図面と現地が照合するか否かの
    確認のみで、特定測量は、省略されました。
    よって、依頼主には、申請前の確定測量+筆界特定申請費用約70万円
    のみをご負担いただきました。
 通常は、別途法務局指定の測量業者への特定測量費用の支払いが生じます。



・・・・・・・という結果でした。

この制度が始まった2006年は申請から約6ヶ月を標準処理期間としていましたが、、、

申請時には、本局の担当者に「10ヶ月くらいかかるかも?」と言われ、、、、

終わってみれば、1年2ヶ月かかってしましました。


幸いにして、依頼主の方は、

「時間はかかっても良いから隣と裁判をしたくない」とのご意向であったので、

今回の結果について非常に満足されていました。


土地境界に関するトラブルを抱えていらっしゃる方は、多数いらっしゃいます。

当事務所では、

みなさまからのご要望を踏まえ、最善の解決策ご提案させていただきます。



          こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】 





にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2007-09-26 21:23 | 法令かわら版

「ブルーマップの法務局でのコピー不可」を考える。

:::::::::::::::まずは、最近の出来事から:::::::::::::::::::

8月終わりごろに、測量の事前調査のため杉並法務局にいった際の出来事です。

いつものように、ブルーマップから調査場所のおおまかな地番を探し、

その地番で公図の閲覧申請をして、閲覧室に入り、

公図が出てくるまでの間の時間にブルーマップをコピーしようとすると・・・

法務局の職員から「ブルーマップのコピーはできません。」と注意されてしまいました。↓
f0005428_1854263.jpg

翌日、世田谷の法務局では、閲覧コーナーにブルーマップが無く、

閲覧申請書を書くカウンター脇のテーブルに1冊置かれているだけでした。


いつもあたりまえのように法務局でブルーマップのコピーをしていたので、

「不便だなぁ」とぼやきながら調査を終えました。


しかし、よく考えてみると私企業であるゼンリンさんが、

自ら経費を使って調べた著作物である地図が、、何の対価も無しに

コピーされてしまうことを「著作権の侵害」と考え、

コピー禁止の措置をとることは、当然といえば、当然だと思います。


:::::::::::::::以下は私の想像です:::::::::::::::::::

法務省のHPによると

「競争の導入による公共サービスの改革に関する法律」(以下「公共サービス改革法」)

の成立を受け、平成19年度から法務局での「乙号事務」を民間に委託する為の

「市場化テスト」(民間競争入札)が行われるそうです。→【法務省HP参照】

「民間にできることは、民間にやらせて小さな政府にしよう」という掛け声のもと

この「乙号事務」が民営化されようとしています。


「乙号事務」とは、法務局での事務処理のうち、

登記事項証明書や、登記事項要約書発行してもらったり、

公図、地積測量図、建物図面閲覧又は写しの証明を発行してもらうことです。


もしゼンリンさんが、この「乙号事務」の民営化に参入しようとしているならば、

ブルーマップの著作権を握っていることは、大きなメリットになるでしょう。


よって、私はゼンリンさんが「乙号事務」の民営化に参入しようといていると思います。
(↑単なる想像です。外れていたらゴメンナサイ↑)


::::::以下の内容は民営化によって実現されてほしいこと(私の希望)です:::::::::

◎法務局内でのコピ料金ーの値下げ(現行コピー1枚30円から10円へ)。

◎土・日・祝日でも閲覧や発行事務をしてくれること。

◎登記事項証明書、要約書、閲覧費用の値下げ。


過去にブルーマップを数冊購入したことがあるくらいの

ライトユーザーでしかありませんが、1ユーザーとしてお願いします。

何とかなりませんかねぇゼンリンさん・・・・・・・・・




          こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】 



にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2007-09-09 18:45 | ひとりごと