土地家屋調査士 上原敏市のブログ
by tu_sro
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
↓上原登記測量事務所HP↓
カテゴリ
全体
ご挨拶
プロフィール
事務所へのアクセス
土地家屋調査士の仕事
価格表(測量業務)
価格表(土地登記)
価格表(建物登記)
事件簿から
境界標の上にも3年
法令かわら版
機材について
ひとりごと
SOSからのお知らせ
未分類
最新のトラックバック
土地家屋調査士とは
from 士業の種類と役割──プロフェ..
測量士とは
from 士業の種類と役割──プロフェ..
リーガルのアウトレット通販
from ジャズドリーム長島【アウトレ..
FX口座開設比較
from FX口座開設比較
八王子の事務の求人
from 転職求人
クレサラ問題 関連用語
from クレジット キャッシング ロ..
不動産ローン
from 不動産ローン    
不動産
from 不動産
寂しがり屋 ポチ美白書
from 寂しがり屋 ポチ美白書
Ajian Life
from アジアン&エスニック
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「古い公図の閲覧について」その2 はなこ さんへ

先ほどの はなこ さんから再度

ご回答ありがとうございます。
実は杉並区の住民なのですが、
ちなみに、杉並支所は昭和25年前のものありますか。
また14条地図はありますか。
古い公図は毎年度分が保管されているのでしょうか。
閉鎖登記簿を閲覧する場合、私のような素人が見に行くのと調査士さんのような専門の方が行くのとでは、出てくる資料が違ったりするのでしょうか。

どうもどこかで地番が違ってしまっているようで調査士さんに頼む前に、自分で調べられる所まで調べたいと思っているのですが。


とのご質問がありましたので、この場でお答えします。

Q1 杉並支所は昭和25年前のものありますか?

A1 杉並法務局には、地域によっては、昭和25年以前のものもあります。
それは、巻物状の和紙に記載されている「旧公図」と呼ばれるものです。
一度法務局へ出向く前に電話で、調べたい地域の「旧公図」
があるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか?
杉並法務局の電話番号は03(3395)0255です。
杉並法務局の地図はこちらをクリックしてください。

Q2 14条地図はありますか?
A2 杉並区では、現在14条地図の整備されている地域はありません。
よって14条地図はありません。


Q3古い公図は毎年度分が保管されているのでしょうか?
A3 古い公図は、毎年度分が保管されている訳ではありません。
もともとあった一番古い旧公図に分筆線(朱線)を入れたり、
合筆した際に公図の線を朱抹したりして使われていました。
そのように使っていると、朱線だらけの見にくい公図になるので、
ある程度のところ(昭和40年代)でその旧公図を紙に転写して
使っていたようです。
その後、紙からセロファンに転写され、さらに現在では、パソコン
で公図を管理しているので、どこかで地番が違っているのならば、
転写の際の記載ミス(手書きで転写していた場合にはあり得る。)
か登記手続きのミスかもしれませんね。


Q4 閉鎖登記簿を閲覧する場合、私のような素人が見に行くのと調査士さんのような専門の方が行くのとでは、出てくる資料が違ったりするのでしょうか?

A4 法務局としては、私達土地家屋調査士が申請しても、はなこさんが
申請しても公開可能な資料は、等しく閲覧させてくれると思います。
但し、単に昭和25年以前の公図を見るだけでではなく、
土地の分筆・合筆等の経緯や、売買・相続などによる所有権移転
の経緯と照合しながらチエックしていかないとどの段階で地番の違い
が発生しているのかわかりにくいので、土地家屋調査士に頼んだ
ほうがよいかもしれません。


はなこさん、お役に立てましたでしょうか?

プライベートなことで、公開を避けたい内容を提示しての

ご質問をご希望の場合には、

eメール又は電話03(5305)5181又はfax03(5305)5182にてご質問ください。
eメールはこちらまで。

         こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2007-10-25 15:16 | 法令かわら版

「古い公図の閲覧について」 はなこ さんへ 

今日は、ブログのコメント欄で「古い公図の閲覧について」の

はなこ さんからのご質問にお答えさせていただきます。

はなこ さんのご質問は、

初めまして。
家の分筆経緯を知りたくて、現在、30年位前~の公図を探しています。
法務局には何年位前からの公図が残っているものでしょうか。
古い公図も簡単に閲覧する事ができますか。


というものでした。

コメント欄で簡略にわかり易くご説明しようと思ったのですが、

文字数オーバーで入りきらないので、ここで返答させていただきます。

Q1 「法務局には何年位前からの公図が残っているものでしょうか?」
A1 法務局のある地域によって異なりますが、
古い資料が残っている法務局では明治時代の公図
(「地引絵図」や「土地台帳付属地図」など呼名は様々ですが)
が残っている場合があります。

しかし、戦災などで焼失した地域もあるので、そこまで
遡って調べられない場合もあります。

おおむねどこの法務局に行っても残っているのは、
昭和25年以降からだと思われます。



Q2 「古い公図も簡単に閲覧することができますか?」
A2 法務局に資料が残っているものは、閲覧することは可能です。

A1でお答えしたように、昭和25年以前のものに関しては、
残っていない地域もありますが、それ以前のものについては
可能であると思われます。

法務局で閲覧する方法としては、
①ご自宅の土地の「登記簿謄本」又は「登記事項証明書」を取得。

②①の登記簿謄本の【表題部】の【原因及びその日付】欄
  の記載 「1番1から分筆」 や 「1番1、1番2に分筆」
  などで分筆や合筆などの経緯を調べる。

③【登記の日付】欄で②の登記年月日を調べ、その日付の公図
 の閲覧を請求する。

といった方法があります。

①から③までの手順で分筆の経緯がわからない場合は、
①の謄本が閉鎖されるより前に分筆されているので、
さらに古い謄本に遡る必要があります。 その場合は、

④①の謄本の「閉鎖登記簿」を法務局で取得し、

⑤上記②③と同じように分筆当時の公図閲覧をします。

それでもまだわからない場合には、さらに遡り、

⑥④の謄本の「旧土地台帳の写し」を法務局で取得。

⑦②③とと同じように分筆当時の公図閲覧をします。
法務局の資料で遡って調べられるのは、たいていそこまでです。。



::::::::::::以下ご参考まで:::::::::::::::::::

どのような理由で、分筆経緯をお調べになられているのかは

わかりませんが、私達土地家屋調査士が何らかの土地境界の

紛争のある(又はその可能性のある)土地を調査・測量する際には、

上記の資料に加えて

・分筆当時の地積測量図
(昭和35年以前に分筆した土地は、法務局に無い可能性有。)
・建物図面
・役所や税務署に公図、旧公図がある場合はその写し
・区画整理によってできた土地の場合は、
 役所か区画整理組合にある換地図
・国土調査、地積調査が完了している場所については、
 役所にある図面

などできる限り土地境界の根拠となりそうなものを集め、

総合的に「ここが境界であろう」という点を判断します。


古い謄本や図面は、記載されている字が

数字でなく漢字(壱、弐、参、などの大字という漢字)

長さの単位がmでなく、間(けん)単位であったり

面積単位が㎡でなく、坪単位であったり、

手書きなので、達筆すぎて読めなかったりするので、

法務局の人に確認しながら調べると良いと思います。

以上、簡略ではありましたが、お答えさせていただきました。

はなこさん、お役に立てましたでしょうか?

プライベートなことで、公開を避けたい内容を提示しての

ご質問をご希望の場合には、

eメール又は電話03(5305)5181又はfax03(5305)5182にてご質問ください。
eメールはこちらまで。

         こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2007-10-25 13:02 | 法令かわら版

杉並・ワンストップ法務・サポーターズに参加します。

先月から杉並区内の士業仲間達と集まり、

「各士業が連携構築した組織で行うワンストップサービス」

を立ち上げようと打ち合わせを続けています。

これまでの打ち合わせで

・「杉並・ワンストップ法務・サポーターズ(略称S.O.S)」という会の名称

・S.O.SのHPを11月中に立ち上げること

・11月27日にセミナーを行うこと(題材は検討中)


が決まっています。


現在のところ参加する士業仲間は、司法書士の阿部さん、大河原さん

社会保険労務士の本山さん、弁護士の塩澤さん

税理士の笹岡さんと私の6名です。


S.O.Sの理念は、

お客さまに「より柔軟で、わかりやすい地域密着型のサービス」

を提供することにより、社会貢献すること。


であり、

仲間6名全員で、みなさまの「困った!助けて!(S.O.S)」

の声にお応えできるよう

専門分野士業の垣根を越えて力を結集してまいります。


会の活動内容は、このブログで随時ご報告しますので、乞うご期待!



          こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】



::::::::以下本文とは関係ありませんが。。。。。:::::::::::

最近チャレンジした食べ物で後悔したものシリーズ

10月6日に日比谷公園で行われた「グローバルフェスタ」で食べたトルネードポテト↓
f0005428_20282562.jpg

食べる前に見れば、単なるジャガイモの素揚げであることは、わかっていたんですが、

揚げたて香ばしい香りと、露天前の行列に釣られてつい買ってしましました。。。

最初の数口は、揚げたてのポテトチップの食感をたのしんだのですが、

素揚げだけにだんだんと口の中が油っこくなってきて、

全部食べるのに苦労しました。

さすがにジャガイモ丸ごと1個素揚げはシンドイ。。。。。。

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2007-10-18 20:35 | ひとりごと

初観戦! 真極真会 世界空手道選手権大会

昨日は、大学時代の友人と東京体育館で行われた新極真会主催の

第9回全世界空手道選手権大会を初めて観にいきました。

体重無差別のオープントーナメントの最終日で、会場は盛り上がっておりました。

しかし、私は、この大会のルールを予習して行かなかったので、

会場の熱気をよそに最初のうちは、「何故この選手が、判定で勝ったんだろう?」

などと首をかしげてしまいまいた。

数試合観ていくうちに基本的なルールがうっすらわかりはじめました。

だいたいこんな感じだったと思います。↓(間違ってたらスミマセン)

・2分間の1R勝負で、7ポイント先取又は1本先取で決着。

・1Rで決着がつかない場合は、審判5人による判定。

・1Rの判定で引き分けた場合は延長戦2分間の延長戦を行う。

・延長戦で、引き分けた場合はさらに再延長を2分行う。

・再延長で引き分けた場合は、その場で体重測定を行い、
 10㌔以上体重差があれば、軽いほうの勝ち。

・体重差10㌔未満の場合は、試し割りで割った瓦の枚数で決着。

禁止事項は、
・相手つかむこと。
・顔面へのパンチ、ヒジは、禁止。(蹴りはOK)
・倒れた相手への攻撃も禁止。
・場外に出た場合は、「待った」がかかり、再び中央から開始


上記の禁止事項があるため、K-1やプライドなどでみられる

「首相撲からガンガンいく膝攻撃」や

「顔面にいいパンチが入っての派手なKO」や

「4点ポジションからの後頭部への無慈悲な膝攻撃」など

のシーンはないのですが、顔面へのパンチ・ヒジが禁止なので、

ものすごく近い間合いからひたすらお互い逃げずに顔から下をシバきあう

という迫力ある試合が多かったです。

ちなみに私の選ぶこの日のベストバウトは、ベスト8での

塚本徳臣(日本) VS ローマン・ネステレンコ(ロシア)です。↓
f0005428_20151299.jpg

↑デジカメを持っていかなかったので、携帯のピンボケた写真でスミマセン。。。。。

結果は、延長で決着がつかず試し割りの枚数の差で塚本が惜しくも敗れましたが、

この試合は、塚本90㌔台、ネステレンコ80㌔台と中量級で動きが早く、

スピードとパワーの両方を出し尽くした好勝負でした。




会場の来賓席には、新極真会のテーマ曲を歌っている歌手の長渕剛さんや、
(↑このテーマ曲は試合の合間にちょくちょく流れるので、サビを覚えてしまった人も多く

男子トイレの小便器で用を足しながら ♪新極真~新極真~新極真の風が吹く♪

とナガブチ風にと口ずさんでいるオジサンがいました。)


U-FILE CAMPの田村潔さんや
(↑うどん屋! とか 赤パンツ! とかの懐しネタのかけ声も3階席では聞こえてました。)

元横綱武蔵丸さんや、

衆議院議員の野田聖子さんなど著名人がズラリと揃っておりました。



表彰式、閉会式まで存分に堪能させていただいた大会でした。

先日TKCのセミナーにご招待いただいたばかりか、2次会までお呼びいただき

この大会のチケットまでくださった税理士の濱路先生ありがとうございます!

この場を借りて御礼申し上げます。




          こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】 

にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2007-10-15 20:15 | ひとりごと

ADR認定・・・結果は?

7月に、このブログでお伝えしていました

「民間紛争解決手続代理関係業務を行うことができる土地家屋調査士の認定」
(長いので、以下「ADR認定」と書きます。)

の認定発表が昨日ありました。

東京では、今回92名がADR認定を受けたようです。


私の結果のほうは・・・・・・・・



無事認定されていました。

1月から3月までの繁忙期の合間をぬって、講義を受講し、

寝る間も惜しんで必死で勉強した苦労が報われました。




ここのところバタバタしていて、7月に申請していた結果が

昨日発表ということもすっかり忘れてしまっていました。

同業者の先輩から

「法務省のHPに認定を受けた人の申請番号が発表されているよ。」

と教えられ、

「あれ?自分の申請番号って何番だっけ?」

とテキストの山をかき分けてようやく認定申請書の控えを探し、

法務省のHPで、ADR認定を確認しました。



土地境界の紛争解決手段の一つとして期待され、

今年の4月から施行されたADR制度ですが、

未だ同業者から「実際にやったことある。」という話を聞いておりません。


当事務所では、この制度の長所・短所・期間をよく研究し、

お客様に適切な助言をさせていただきます。






          こちらをクリックするとホームページにとびます。↓
                【上原登記測量事務所のホームページ入り口】 


にほんブログ村 士業ブログ 土地家屋調査士へ
[PR]
by tu_sro | 2007-10-02 18:22 | ひとりごと